制服を着た女性

実用性の高い事務制服はカタログから選ぶのがおすすめ

本当に満足できる事務制服が欲しいならカタログ請求してみよう!

電話中の女性

お仕事中の、事務職員のイメージを決定すると言っても過言ではない「事務制服」。1日のほとんどの時間を、この服装で過ごすことになるわけですから、できれば職員が気に入ったもので、なおかつ仕事しやすい着心地の良いもの、そして会社のイメージを良くするものを選びたいものです。しかし、普通の服のように、お店で探すのは至難の業であり、しかも面倒。そんな事務制服は専門販売会社にカタログを請求するのがおすすめです。カタログであれば無駄な時間や手間をかけることなく、気に入ったものをじっくり選ぶことが可能ですし、しかも種類が豊富であり、希望すれば実際の制服を着てみて試すこともできます。長時間着るものですから、実際に試してみなければ「袖の辺りが邪魔」「着替えに手間がかかる」などの細かい欠点はわかりません。また、事務制服は通常、大勢の職員が同じタイプのものを着用することが常。カタログで選んでもらえば、企業担当者も希望を取りまとめるのが楽ですし、発注した後の不平不満を最小限にすることができます。上層部に意見を求める際にも、情報提供しやすいでしょう。このように利点の多い、企業ユニフォームの専門販売会社のカタログでの購入を、ぜひ前向きに検討されてみてはいかがでしょうか。

事務制服の購入を検討している方にカタログの請求をお勧めする理由

事務制服は専門販売会社から発注することをお勧めします。専門販売会社はその名の通り、専門職の為、取り扱いのある事務制服の種類が豊富です。また大量発注にも対応していただけます。そして専門的な技術があるためアフターフォローもしっかりとしているでしょう。注文の前にその会社の得意とするデザインや大まかな価格を把握する為にもまずはカタログを請求することをお勧めします。カタログを取りよせば取り扱いのある事務服を見て好きなデザインを皆で検討することが出来ます。事務服は毎日着るものなので見た目のデザインだけでなく素材や寸法も気になる点ですよね。そういった細かな情報もカタログからチェックすることが出来ます。そして具体的な候補が決まれば見積もりももらうことが出来るので予算を立てやすいでしょう。またカスタマイズを希望の場合でも専門販売会社であれば過去の実績も十分にあるため、カタログに載っていない事務制服に関する細かなオーダーに対しても臨機応変に対応をしていただけるケースがほとんどです。特に新規企業にとっては制服発注を専門販売会社に頼み、ベテラン企業担当者のアドバイスを参考にしながら発注を受け持ってもらう方がミスやトラブル回避に繋がり安心でしょう。

事務制服を変えるならカタログを請求してみましょう

「10年以上同じ事務制服を採用してきたけれども、デザインが古臭くて女子社員からの評判が悪い」
「そろそろ事務制服をリニューアルしたい」
そんな風にお考えの企業担当者は、事務制服の専門販売会社に問い合わせてみましょう。

事務制服があると社員は毎日洋服を選ぶ手間が省けますし、事務制服を採用することで会社の一社員としての一体感を出すことができます。スタイリッシュなデザインの事務制服を採用すれば、企業イメージを高めることができ、人材採用活動に有利です。また、着心地が良い事務制服を着ると仕事への集中力が高まるというメリットもあります。

事務制服は専門販売会社のカタログから選ぶのがおすすめです。専門販売会社のカタログには様々な事務制服が掲載されています。

業務内容に応じて、袖やスカートの丈が最適な制服を選ぶことができますし、速乾性や通気性に優れた生地のものを選択することもできます。また、スカートだけでなくスラックスの制服も選択することができます。

例えば、カタログに掲載された事務制服のいくつかピックアップして、社員による投票で新しい事務制服を決めるのも、社員としての一体感を生み出すために良いかもしれません。

どんな事務制服を選んだらよいか迷っている企業担当者は、まず事務制服の専門販売会社のカタログを請求してみましょう。

News